女性

肝臓がんが気づきにくい原因|中高年が患いやすい症状

乳房の病気と対策

医者

乳がんの自覚症状として挙げられるのが、乳房のしこりです。実際、かなりの割合を占める浸潤性の乳がんでは、乳房に一定の大きさのしこりと感じるようになります。ですが、中にはしこりを作らないタイプもあり、見逃さないことが大切です。例えば、しこりを作らない乳がんとして知られるのが非浸潤性乳がんです。このタイプは、乳がんの中でも比較的治療がしやすいと言われます。ですが、放置しておくと浸潤性乳がんが発生することもあり、注意が必要です。非浸潤性乳がんの場合にも、病巣の摘出手術が行われます。このような手術でがん細胞を取り残すと、再発や浸潤性乳がんを招くことがあるのが厄介な点です。従って病気の進み具合を考慮して、安全な治療法を選択するようにします。

病巣を取り除くことでほぼ治療が完了するのが、非浸潤性の乳がんです。場合によってはその後ホルモン治療などが行われ、治療は終わります。このタイプの場合には、抗がん剤治療は行われないことが多いです。一方、浸潤性の乳がんの場合は、転移や再発予防のために抗がん剤治療が多く適用されます。抗がん剤による治療に伴うのが、様々な副作用です。最近ではこのような副作用の予防策として、頭や指先などを冷やす方法が試みられています。敢えて血流を低下させ、薬による細胞の破壊力を抑えるのがこの方法の目的です。抗がん剤は、髪の毛や爪などにダメージを与えるケースが多く見られます。局部を冷やすことで副作用を抑える方法は、海外でも行われているアプローチです。