女性

肝臓がんが気づきにくい原因|中高年が患いやすい症状

呼吸に関わるがんとは

メンズ

肺に関わる病気の代表として肺がんが挙げられ、呼吸障害や他の臓器への転移によって命に関わる症状が現れます。発病のリスクとなる要因には喫煙がイメージされますが、実際は生活習慣など他の要素も大きく関わっています。肺がんは細胞に繰り返し傷がつくことで、突然細胞が変異して発症するものです。栄養の偏った食生活は細胞レベルで身体に負担が掛かります。また、身体の回復は就寝中に行われるため、睡眠不足は細胞の傷が修復されないことに繋がります。更に注意したいのが、喫煙者の周囲にいる方が吸う副流煙です。副流煙には主流煙より多くの有害物質が含まれており、発がん性が高いことが分かっています。以上のことから、肺がん予防のためには生活習慣を整えたり、身近にいる喫煙者に副流煙のリスクを説明して禁煙を促すなどの工夫が大切です。

細胞は生活習慣のほかにも加齢によって自然と傷ついていくものです。肺がんは細胞が繰り返し受けた損傷を機に発症しますが、他のがんと比べて重症なケースが多いですそのため、肺がんの早期発見のための啓発活動や治療の高度化が進められています。肺がん患者に深刻なケースが多い理由として、症状が普通の風邪や体調不良と被っていることが挙げられます。咳や息切れ、胸苦しさという肺がんの代表的な症状は、身体の不調だけでなく運動や喫煙後にも現れるものです。日常で誰もが経験するものと症状が重なっていることで、肺がんとは気づかずに放置してしまうことが多々あります。近年では医療機関が肺がんの認知度を高めるためのパンフレットを作成するなどして、肺がんの名前が広く知られるようになりました。患者数の増加だけでなく、人々の予防への意識が高まっていることもこの疾患が注目を集める理由です。