女性

肝臓がんが気づきにくい原因|中高年が患いやすい症状

乳房の病気と対策

医者

乳がんの中には、しこりを作らない非浸潤性のタイプがあります。比較的治りやすいこのタイプも、放置すると治療が困難になるため早めの対処が必要です。乳がん治療に伴う副作用は、局部を冷やすことで軽減出来ることがあります。血流を低下させることが、薬の作用を行き渡らせないコツです。

詳細を読む

人為的に免疫力を強くする

看護師

樹状細胞療法とは、もともと体内にある樹状細胞という免疫細胞のひとつを人工的に培養して身体に取り入れるという治療方法のことで、副作用がほとんどない点が大きな魅力です。この樹状細胞療法が登場したことによってがん治療に第四の選択肢が生まれましたから、それによってがんの完治率が上がるのは時間の問題です。

詳細を読む

呼吸に関わるがんとは

メンズ

肺がんは肺の細胞が繰り返し損傷を受けることで発症します。原因としては加齢のほか、喫煙が主なものとして知られていますが、実際は生活習慣と副流煙も大きなリスクとなります。深刻なケースが多い肺がんは、早期発見を目指して医療機関が認知度の向上に取り組んでいるため、広く知られるようになりました。

詳細を読む

気付きにくい肝臓の異変

患者

発症しやすい特徴

肝臓がんは、転移によってできるがんが約90%を占め、肝臓そのものからできるがんが約10%となっています。肝臓からできるがんを原発性肝臓がんと言い、これに関してはウィルス性による原因が多くを占めています。特にB型・C型肝炎の人が原発性肝臓がんになりやすく、ウィルスに感染していない人と比べてもその可能性は圧倒的な差となります。このようなことから、B型・C型肝炎の人は、定期的に検査を受けていく必要があります。また、ウィルス感染に気付いていない人も多いので、疑いのある人は調べてもらう必要があります。その他は、肝臓系疾患を抱えている場合です。慢性肝炎や肝硬変が当てはまり、過度の飲酒や喫煙がリスクを高めてしまいます。肝臓がんは働き盛りの50歳代に一番多く見られることから、特に気を付けていかなければいけません。

年齢的な理由との勘違い

肝臓がんは、沈黙の臓器と言われるぐらい非常に症状には気づきにくいところがあります。その気付きにくい原因には、乳酸の蓄積で疲労や倦怠感を感じてくるようになり、それを年齢的なものと勘違いしてしまう場合です。中高年に多い肝臓がんは、加齢による体調の変化と受け止めてしまいがちで、見逃されることが多いです。また、食欲不振や体重減少などの症状もありますが、これも典型的な加齢の現象と勘違いしてしまう場合が目立ちます。肝臓がんの状態が進行してしまうと、みぞおちのしこりなどいろいろな症状を感じてくるようになります。しかし、その頃には治療が難しくなっている場合もあり、やはり早期発見が大事です。肝臓がんの治療は、肝機能が正常に働いている場合は手術で部分的に切除していきます。進行状態や肝機能の働きが悪い場合となると外科手術は困難になるため、冠動脈閉塞術などが行われます。いずれにしても肝臓に負担となるような習慣を見直し、定期的な検査が健康を守ってくれることになります。